オーブンレンジにアルミホイルを入れてはいけない理由とは?

オーブンレジは手軽に温めたり調理ができるため大変便利ですが、入れてはいけないものもありますので注意が必要でしょう。

特にアルミホイルなどは温める際に入れてしまうと火花が出てしまいます。

どうしてそんなことが起こるのか不思議に思うかもしれませんが、それにはオーブンレンジの加熱方法とアルミの性質が関係しています。

安全に使用するためにもその関係性について知っておくと安心でしょう。

とっても便利なオーブンレンジですが・・

オーブンレンジはどこの家にも1台はあるのではないでしょうか。

最近はたくさんの機能を備えたものも多いですが、冷たくなった食べ物でも数分で温めることができますし、それ以外にも温度と時間を調節するだけで様々な料理を作ることが可能です。

またボタンを合わせるだけで自動的に調理してくれるものも多く、料理が苦手な人にとっても強い味方でしょう。

扉を開けて中に食材を入れるだけで簡単にできてしまうので、ついついなんでもかんでも入れたくなってしまうのかもしれません。

ただ、オーブンレンジといっても入れてはいけないものもありますので注意が必要です。

その1つとしてアルミホイルなどがあげられますが、お弁当などにもよく使われているためつい何も考えずに温めモードで使用してしまう場合もあるようです。

アルミホイルについては必ずしもレンジで使用してはいけないというわけではありませんが、レンジの機能によっては使えない場合もありますので、その辺をしっかりと抑えて使い分けるようにするといいでしょう。

アルミに関しては比較的よく使用するものですのでレンジとの関係さえきちんと把握しておけば大丈夫です。

アルミホイルを入れるとどうなるのか

アルミホイルはお弁当などでよく使われますが、おかずを小分けにするのにもとても便利でサイズも豊富です。

通常食べる際は入っていても違和感がありませんので、他のおかずと一緒にレンジに入れてしまう事もあるのではないでしょうか。

特にお腹が空いていたりするとそういう事を考えている余裕もないのかもしれませんね。

ただ一緒にレンジにいれて温めたりすると火花が出てしまうためとても危ないです。

実際に入れてみるとわかりますが、温めモードにするとピカッと光って火花がでてしまうこともあるでしょう。

初めてそれを見たりするととても驚くかもしれません。

ただもしもそうなった時はすぐにレンジを止めるか、電源コードごと抜いてしまった方がいいでしょう。

温め続けるとさらに火花が激しくなったり、焦げてしまう可能性もあります。

またその際にそばにいてレンジを止めることができればいいですが、どこかに行って離れていたりすると止めることもできませんので、さらによくない状況となってしまう可能性もあるでしょう。

アルミホイルもレンジも私たちの身近にあるものですが、その取り扱いについては十分気を付けたほうがいいでしょう。

庫内に入れないよう注意するか、お弁当などを温める際は近くで様子を見るなどした方がよさそうです。

どうしてアルミホイルを入れると火花が出るのか

どうしてアルミホイルをレンジに入れると火花がでてしまうのか、不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

お弁当に入れるもので似たような形状のものもたくさんありますがレンジ対応になっているものも多いので、何故アルミホイルがダメなのか、やはり気になる人もいるでしょう。

これについてはレンジの加熱方法が関係しているようです。

簡単にいうとアルミホイルとレンジの加熱方法の相性があまりよくないということになるかもしれません。

レンジの加熱方法は食品などを温める分にはいいのですが、アルミホイルには適していなかったという事になりそうです。

ただレンジには一般的に温め機能とオーブン機能の2つがあり、加熱方法は同じではありません。

それぞれ別の方法になるため、加熱方法によってはアルミホイルの取り扱い方なども区別する必要がでてきます。

またレンジの加熱方法と言われると少し難しく思えるかもしれませんが、大まかでもいいので知っておくといいでしょう。

加熱方法によってアルミホイルの取り扱いはまったく違ってきますので、今後のためにもある程度は把握しておいたほうが安心でしょう。

温め機能で使用する場合

一般的に温め機能として使用する場合は、マイクロ波というものを照射することにより温度を上げていきます。

このマイクロ波が食べ物の中に含まれている水分子に働きかけて振動を起こしますが、それにより摩擦熱がおこり温度を上げていきます。

ただアルミホイルについてはマイクロ波が反射してしまうため、同じような効果を得ることができません。

マイクロ波が反射することで火花がでてしまいますので、アルミホイルは庫内に入れない方がいいでしょう。

またこれについてはアルミホイルだけに限らず金属類全般に言えることです。

金属はマイクロ波を反射して火花が起こりやすくなったり、焦げてしまう場合もあります。

オーブン機能で使用する場合

アルミホイルを温め機能で使用するとマイクロ波が反射するため火花がでてしまいます。

ただオーブンレンジでも「温め」ではなく「オーブン」として使用する場合はアルミホイルも使用可能ですので、用途に応じて使い分けるといいでしょう。

オーブンの場合は温める時と違い庫内の温度を電熱線によってあげていきます。

金属類に不向きなマイクロ波もでていないため反射して火花がでる心配もないでしょう。

オーブン機能での調理はたくさんありますが、クッキーを作る時や、肉料理などアルミホイルがあるととても便利です。

そういった調理をする際は問題ありませんので必要に応じて使っていくといいでしょう。

同じ庫内に入れるのでも使用する機能によっては大丈夫な場合もあります。

お皿などに移してから温める

アルミホイルは調理やお弁当などにもよく使われています。

ただマイクロ波を使用する場合は適していないため、これらを取り除いた状態で庫内に入れる必要があるでしょう。

もしもお弁当の中にそういったものを見つけたら中身だけにしたり、お皿に移すなどするのがおすすめです。

また売られているお弁当などはレンジにも対応できるようにアルミが使われていないものも多いですが、自分で作ったものの場合はうっかりアルミを使っている事もあります。

温める際に火花がでるとびっくりしますし、何か問題がおこってしまうと大変です。

面倒でもほかの容器に移すなどして温めるようにしましょう。

食器の装飾にも注意しましょう

時々金縁のお皿やカップなどがありますが、そういったものもレンジには不向きですので注意しましょう。

今は様々な装飾のついた食器を見かけます。

どれもきらびやかできれいですが、それだけで購入してしまうとレンジで使えない場合もでてきてしまいます。

特に毎日使うカップなどはレンジで温めたりすることも多いですので、その辺に注意しながら購入したほうがいいかもしれません。

冬場は特にいろいろと温める機会も多いため、レンジが使えないと不便に感じることもあるでしょう。

だいたいのものはレンジ使用について表記があると思いますのでまずはそちらを確認するようにしましょう。

まとめ

オーブンレンジもアルミホイルも身近にあるものですので、普段から使用している人も多いでしょう。

またどちらも食品に関係しているためつい一緒に使ってしまう事もあるのかもしれません。

ただオーブンレンジの機能によっては使えない場合もありますので、注意が必要です。

関係性を把握し、オーブンレンジの機能をうまく使い分けて使用することが大切です。