オーブンレンジのお手入れ方法や選びかたを紹介します

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K

オーブンレンジは一度使うと手放せなくなるほど、便利です。

温めるだけでなく焼いたり蒸したりできるので料理の幅が広がるんです。

今まで家では作ることが難しく買っていたものも作れたりします。

またおもてなしメニューだけでなく普段使いにもお菓子を作ったりハンバーグを焼いたりと便利につかえます。

火を使わないのでお子様とのクッキングも楽しめそうですね。

オーブンレンジと電子レンジの違い

温めるのとそれ意外もできる

オーブンレンジと電子レンジ、見た目こそ変わりはありませんが何が違うのでしょうか?

まずは電子レンジですが電子レンジというのは温めるという使い方が主な使い方となります。

冷凍のご飯を解凍することもできますがこれは温めて解凍しているんです。

ではオーブンレンジになるとどうでしょうか?

同じご飯の解凍といってもオーブンレンジなら解凍するものの温度を計測しながら解凍していきます。

またよく使うご飯の解凍やお肉の解凍などメニューボタンひとつで解凍ができます。

電子レンジと比べて違うのは仕上がりです。

オーブンレンジなら、上手に解凍ができるので熱くなりすぎてご飯が硬くなったりお肉に火が通るということがほとんどありません。

またれ意外にも、蒸したり焼いたりすることもできます。

つまり料理の幅が広がります。

オーブンレンジでできること

焼く

電子レンジで焼くというのは想像ができませんよね?

火を通すことはできても焦げ目などつけることはできません。

しかしオーブンレンジならできます。

もちろん温度も自由自在に設定できます。

例えばハンバーグをフライパンで焼くように焦げ目をつけることもできますしグラタンも焦げ目をつけることができます。

揚げる

パン粉をつけた状態で使うと油を使わずヘルシーなフライ料理やお総菜の温めなおしも簡単です。

蒸し

茶碗蒸しやプリンなどの蒸し料理もできます。

オーブンレンジには付属で角皿がついているので角皿に水を張れば簡単に蒸し料理までできます。

温める

もちろん電子レンジ同様お弁当の温めなおしやホットミルクや熱燗なども作ることできます。

オーブンレンジの選び方

機能で選ぶ

オーブンレンジって実はメーカーや機種によっても機能が違うってご存知でしたか?

さらに価格も大きく違うんです。

10000円ほどで購入できるものから10万円を超えるものまであります。

もちろん機能だけで選べば10万円のものが良いとなりますが自宅の環境や使う頻度などで決めるのがおすすめです。

例えばパンが焼けるオーブンレンジもありますがこれは普段パン焼き器を使っている人やパンが好きな人、パンを焼きたい人ならおすすめの種類といえますが、パンはあまり食べない方や自分では作らないという方なら必要ありません。

それだけでも価格は変わるので自分に合ったオーブンレンジを決めてください。

サイズで選ぶ

機能が決まればサイズもポイントに決めていきます。

従来の電子レンジというとターンテーブルがついて小さな冷蔵庫の上でも置けるくらいのサイズもあります。

この感覚でオーブンレンジを選ぶのは危険です。

実はオーブンレンジって意外と大きいんです。

横幅ももちろん大きいですが、奥行きがあるものが多いんです。

角皿がついているので奥行きが少し大きめとなります。

そのため自宅に置くと思ったよりも大きかったり存在感が出てしまいます。

まずは置きたい場所に置けるタイプのオーブンレンジを選んでください。

コスパが良いおすすめのオーブンレンジ

Panasonic

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K

Panasonicのエレックシリーズはオーブンレンジのなかでは手頃な価格です。

だいたい2万円くらいから購入できます。

では機能というとひと通りの機能が備わっているんです。

メニューボタンではボタンひとつでご飯やお肉を解凍するだけでなく焼き芋など作ることもできます。

この短縮ボタンを使えば温度を設定したり時間を設定することなく使えるのでとても便利です。

また温めボタンを押せば70度に温めてくれるのでご飯やおかずを温めなおすときにも便利です。

日立ヘルシーシェフ

日立 スチームオーブンレンジ 31L レッドHITACHI 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ MRO-TS8-R

ヘルシーシェフの特徴は油を使わない料理が作れることです。

油を使わない揚げ物はとてもヘルシーに仕上がります。

またトリプルセンサーがついています。

例えばご飯とおかずを同時に温めた場合おかずばかりが熱々になりご飯がぬるいなんて経験ありませんか?

センサーが重さを感知することで同時に温めるのに適しています。

またオーブンなど使用した場合、しばらく庫内が熱いですよね?

この状態で温めようとすると、庫内が熱いためすぐに出来上がりの音がなってしまうことがあります。

私も経験ありますが一度オーブンを使うと冷めるまで使えなかったのでなかなか不便です。

ヘルシーシェフならオーブンを使った後でも温めることができます。

価格としては3万円前後くらいから購入できます。

オーブンレンジで作るおすすめレシピ

お肉料理

オーブンレンジなら電子レンジではできないことがたくさんできます。

まずはお肉料理です。

鶏肉を一羽そのまま焼いたり、ローストビーフなど家で作るのが難しそうな料理でもオーブンレンジなら簡単に作ることができます。

これは来客時のおもてなしメニューとしておすすめです。

普段ならハンバーグやグリルチキンなども簡単に作ることができます。

お菓子作り

お菓子ならクッキー、プリン、焼き芋など全く系統が異なるお菓子もオーブンレンジひとつで作れます。

クッキーなら予熱後焼けばできますしプリンは角皿に水を張れば蒸し料理、焼き芋に関しては短縮メニューの焼き芋ボタンひとつで竹串がスッと通る焼き芋の出来上がりです。

また大きな焼き芋って中まで火を通すのが難しいですが短縮ボタンひとつで失敗なしです。

オーブンレンジにはお手入れ方法

重曹が大活躍

オーブンレンジは、庫内がフラットなのでターンテーブルの電子レンジと比べるとお掃除がしやすいです。

そんな多機能なオーブンレンジ、日々焼いたり蒸したり温めたりすることで庫内に汚れが溜まります。

汚れが溜まると匂いも出ますし放置しておくと汚れが落ちにくくなるので長く使うには清潔に保つことも大切です。

まず活躍するのが重曹です。

オーブンレンジの掃除は洗えるものは洗います。

角皿や受け皿は水洗いできるので洗いましょう。

洗えない庫内については重曹スプレーを使い拭きあげます。

しかし焦げなどは落ちない場合もあります。

そんな時は重曹水を温めて沸騰させオーブンレンジの庫内を蒸らします。

ガラス部分に水滴がつけばオーケーです。

少し置き水滴のついている間に拭きあげます。

これでかなり落ちやすくなります。

また市販されているクリーナーは柑橘系の香りのタイプがありますが柑橘系は消臭効果もあるので匂いの気になる人は使ってください。

市販されているものを使う

重曹など家にあるものでお掃除もできますが、今は市販品もとても優れています。

レンジの庫内を拭きあげるシートやスプレーなどたくさんあるのでこれらを使えば簡単にお手入れできます。

100円ショップにもたくさん種類がありますのでおすすめです。

まとめ

私はオーブンレンジを10年以上使っている愛用者です。

日々食べ物を温めるだけでなく飲み物を温めたり焼き芋やクッキーやケーキを焼いたり茶碗蒸しを作ったり毎日何度も何度も使っています。

今までは焦げ目ばかりがついていたハンバーグもオーブントースターでひとつひとつ長い時間かけて作っていたグラタンも調理時間が短縮できたと同時に美味しく仕上がるので重宝しています。

是非使ってみてください。