オーブンレンジの基礎知識とニーズ別おすすめ商品を解説

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD3000-R

引っ越しの時など、家電製品を買い替えるタイミングでオーブンレンジについて悩む人は多いようです。

他の家電に比べオーブンレンジは様々な種類があり、性能によって価格も多様です。

この記事ではオーブンレンジの基礎知識を紹介し、皆さんが自分のライフスタイルに合った種類のオーブンレンジを選べるように応援していきます。

オーブンレンジの基礎知識

オーブンレンジはあまりにあたりまえのものであり、どのような機能があるのかなどじっくり考えてみて事がないのではないでしょうか。

オーブンレンジの価格は備えている機能によって大きく変わりますので、一度オーブンレンジの基本を確認しておきましょう。

オーブンレンジとはそもそも何か

オーブンレンジという言葉は日常的に用いられますが、オーブン機能とレンジ機能を備えた調理家電のことを指します。

オーブン機能がない場合は電子レンジと呼ぶので、混同しないように注意が必要です。

オーブンレンジにはどのような機能があるのか

オーブンレンジの価格が機能によって異なるということは前述しましたが、具体的にはどういうことなのでしょうか。

例えば、温め機能であっても格安オーブンレンジでは単に温めるだけであるのに対し、上位機種のオーブンレンジの場合はむらなく温めを行えるように特殊なセンサーで食べ物の温度を計測します。

他にも、カロリーを落としながら風味が上がるように工夫した加熱方法、スチームを発生させることによりしっとり感を残す加熱方法など、オーブンレンジには多彩な工夫が施されています。

下位機種と上位機種の価格差は数倍になりますので、自分のあった機能を備えているオーブンレンジを選ぶのが良いでしょう。

オーブンレンジを買うべきなのはどんな人か

基本的に電子レンジのほうが価格は低いといえます。

そのため、オーブンレンジを選ぶべき理由があるのはどのような人なのかという点を解説します。

オーブンを頻繁に使う人

当然のことながら、電子レンジではオーブン調理はできません。

現在の日本のキッチン事情を考えると、オーブンレンジ以外に別途オーブンを設置している家庭は少ないといえます。

そのため、オーブン料理をする場合や、お菓子作りをする場合はオーブンレンジを購入すべきだと考えられます。

こだわりの温め機能を使いたい人

もちろん、ただ温めるだけならば電子レンジでも可能なのですが、スチームや低カロリー調理など、気になるポイントがある場合には、オーブンレンジをおすすめします。

こだわりの温め機能を利用するような、調理に関心のある層はオーブンレンジを購入することが多いため、通常の電子レンジに比べてオーブンレンジのほうがこだわりの温め機能を備えた機種が多くなっています。

オーブン利用の予定はなくとも、こだわりの温め機能を利用するならオーブンレンジがおすすめです・

今後のライフスタイルが見えない人

自分は一切調理をしない、などとライフスタイルが定まっている場合であれば、それに応じて家電購入を行えば問題ありませんが、どのくらい自炊を行うかなど、全く想像がつかない場合、下位機種のオーブンレンジを購入することをおすすめします。

電子レンジは簡単には壊れませんので、やはりオーブンレンジにしておけばよかったと後悔してもなかなか買替え時を見つけられずに苦労することになります。

オーブンレンジの下位機種であれば価格は電子レンジと変わりませんので、悩んでいる場合はとりあえずオーブンレンジを購入するのが良いでしょう。

オーブンレンジのおすすめの利用方法

とりあえずオーブンレンジを購入してみたものの、効果的に使う方法が分からない、という人も多いのではないでしょうか。

オーブンレンジを買って良かったなと思えるような、オーブンレンジの利用方法を紹介します。

グラタンなどの温めに利用する

グラタンを温めるのは通常の温め機能であっても良いのですが、せっかくオーブンレンジを購入したのであれば、オーブン機能を使ってみましょう。

グラタンのように焦げ目があるような料理の場合はオーブン機能で美味しく調理できます。

単に全体が温まるだけではなく、表面のチーズが溶けてじゅわっと広がり、焦げてパリパリになった部分は食感の良さが際立ちます。

揚げ物の場合でも、水分を吸ってしなっとしてしまった揚げ物がオーブンでの温めにより程よく水分を奪われ、揚げたての味に復活します。

このように、単なるコンビニのお惣菜であっても、オーブン機能を活用することによって味が数段階格上げされますので、オーブンによる温めをぜひ試してもらいたいです。

ヘルシー調理を活用してダイエット

上位機種のオーブンレンジを購入すれば、温め時に余分な脂を落とせるヘルシー調理機能を選択することができます。

揚げ物などは余分な脂を落とすことでカリッとおいしい仕上がりになるため、健康面でも味の面でも見逃せません。

また、そのような機能のないオーブンレンジであっても、ヘルシーな調理に活用することができます。

例えば、温め機能やオーブン機能で調理すれば食材に火を通すにあたって余分な脂を加える必要はありません。

また、オーブン機能で温めると揚げなくともサクサクとした仕上がりになるため、食材にパン粉をつけて温めればノンオイルで揚げ物風の料理を作ることができます。

油の後処理は面倒ですので、時短という意味でもオーブンレンジを活用することは重要ですね。

おすすめのオーブンレンジを紹介

利用しない機能のせいで高額になっているオーブンレンジを購入するのはもったいないですよね。

自分の興味関心によって選ぶべきオーブンレンジの種類は異なります。

そこで、ニーズごとにおすすめのオーブンレンジを紹介します。

ヘルシー調理重視ならシャープのヘルシオ

シャープ ヘルシオ グリエレンジ レッド系SHARP ウォーターオーブンレンジヘルシオ AX-HR2-R

シャープのヘルシオはヘルシー調理の先駆けとなったラインであり、手軽にヘルシー調理機能を楽しめます。

シャープのヘルシオが得意とするのは過熱水蒸気による調理です。

水を100度以上に熱することで熱風になった過熱水蒸気は食材の奥まで熱を届け、余分な脂を落としてくれます。

さらに、ヘルシオの過熱水蒸気は単に脂肪を落とすというだけではなく、栄養素の流失を防いで素材の味を引き出してくれます。

それにより、料理の味付けが薄味でもおいしく食べられるようになります。

つまり、減塩効果もあるオーブンレンジなのです。

健康を気遣う方には是非おすすめしたいオーブンレンジですね。

お菓子作りやパン作りをするなら東芝のER-RD3000

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランレッドTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD3000-R

東芝のER-RD3000はABCクッキングでも採用されているほど、お菓子作りやパン作りに向いているモデルです。

容量が大きめなので、大量のクッキーを一度に焼きたいというようなケースにも対応できます。

また、ドーム状の天井を採用しているという特徴があり、全体をむらなくこんがり焼くことができます。

パン作りにもおすすめできるモデルですね。

特に希望がないなら価格重視で問題なし

ヘルシー調理やお菓子作りのニーズがない方であれば、どのモデルを選んでも著しくがっかりする、ということはないでしょう。

その場合、インターネットや家電量販店でお手頃価格のオーブンレンジを購入すれば問題ありません。

どのオーブンレンジであっても通常の温め機能とオーブン機能は利用できるので、それほどオーブンレンジにこだわりがない方のニーズは十分満たせるはずです。

まとめ

今回の記事を通じてオーブンレンジの機能や効率的な利用方法について理解してもらえたでしょうか。

オーブンレンジは使いこなせば非常に便利なものなので、家電買い替えの際にはぜひオーブンレンジを購入してもらいたいです。

オーブンレンジでヘルシー調理やお菓子作りなどを行い、皆さんの食生活が充実することを願っています。