コストコで買える電子レンジだけで食べられる美味しいものを紹介

会員制スーパーのコストコにはとてもたくさんんお商品が販売されています。

電子レンジで加熱をするだけで美味しく食べられるものも多くあります。

簡単に美味しいものを食べたい時とても重宝するでしょう。

オヤツや軽食に向いているものからメインディッシュになるものまで実に様々です。

いろいろと試してお気に入りを見つけましょう。

コストコにはさまざまな食品があります

コストコにはとてもたくさんの商品が販売されています。

外国メーカーの業務用サイズのものばかりというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

おなじみの日本メーカーの食品も数多く取り扱っていますし、どれもこれもが保管場所に困る程大きいわけではありません。

また、口に合わなかったら返品制度が充実しているので返品ができます。

気軽に来になる商品を試すことが出来ます。

電子レンジで手軽に食べられるものも多い

コストコには電子レンジで手軽に調理ができるものも多く揃っています。

オヤツや軽食、メインディッシュなどが簡単に用意することができるのです。

手を抜きたい時、絶対に失敗したくない時、おもてなしの時などにとてもおすすめです。

ポップコーン44パック入り

電子レンジにポップコーンのパックを入れて加熱をするだけでポップコーンが作れます。

44パック入り1400円程度です。

ポップコーンは電子レンジに入れる前はあまり大きくありませんし、賞味期限が長いので保管にもそれほど場所を取りません。

これをストックしておけばいつでもポップコーンを食べることが出来るので、とても便利です。

DVDのお供にもおすすめです。

味はバターの香りが強く、塩は控えめなので飽きがきません。

粉チーズやカレー粉、キャラメル、コショウなどでアレンジするのも楽しいです。

ロティサリーチキン

ハーブや香辛料で味をつけたチキンを丸ごとローストした料理です。

1羽で699円ととてもお買い得です。

家庭で食べる時には容器の蓋を取って電子レンジで数分温めるだけです。

ロディサリーチキンが1つあるだけでテーブルがとても華やかになります。

特別な日の演出にも映えるでしょう。

お肉はとても柔らかいので切り分けるのも簡単です。

味はジューシーでご飯ともパンともお酒とも相性抜群です。

骨で出汁を取ることもできます。

明石焼き

神戸発祥の明石焼きも電子レンジで手軽に食べられます。

6個入りのパッケージを少し破って空気穴を作り、電子レンジで加熱します。

ダシは粉末で、お湯で溶きます。

フワフワトロトロの明石焼きを作ることが出来ます。

電子レンジで加熱するのではなく、おでんやウドンに入れて煮ても美味しく食べることが出来ます。

電子レンジの場合は6個を1度に食べる必要がありますが、この方法ならば好きな数だけ食べることが出来ます。

この明石焼きは6個入りが8パック入って1000円程度です。

冷凍食品なので、冷凍庫にある程度スペースを確保してからの購入がおすすめです。

ビーフラザニア

コストコにはラザニアが2種類あります。

冷凍品のものと、デリコーナーにあるものです。

いずれも大型です。

デリコーナーにあるものはアルミの容器に入っているので、基本的に電子レンジではなく、オーブンで加熱をしなければなりません。

電子レンジで加熱をしたいときには電子レンジが可能な容器に移し替える必要があるので注意しましょう。

時期によって味付けが変わっているので、一期一会を楽しむことが出来ます。

一方、冷凍品のものはオーブンでも電子レンジでも調理することが出来ます。

オーブンの場合は余熱時間を入れないで50分、電子レンジの場合は20分の加熱時間がかかります。

すぐに食べたいのならば電子レンジで加熱する方がおすすめです。

こちらはフレーバーがビーフの身になっています。

フレッシュパスタが3層になっていて、その間にトマトーソースとボロネーズ、ベシャメルソースとチーズが挟み込まれています。

日本ではなかなか味わうのが難しい本格的な風味を楽しむことが出来ます。

思わず冷凍食品であることを忘れてしまう程です。

1キロパックが2つ入って1800円くらいです。

パーティーやおもてなしの時には1パックをどんとテーブルの上に乗せれば立派なメインディッシュになります。

そうでない時は冷凍している状態で6つか8つに切り分けておくと少しずつ食べることが出来るので便利です。

ふわとろ茶わん蒸し

手作りしようと思うと手間がかかり、しかもなかなかうまくいかない茶碗蒸しもコストコの商品と電子レンジがあれば手軽に食べることが出来ます。

フリーズドライになっているものをお湯で戻したあと、少し冷ましてから卵と混ぜて電子レンジで加熱をするだけです。

お湯を入れた後冷ますのがとても大切なポイントです。

とはいえ、電子レンジで作ると表面がツルンとした感じにはなりにくいです。

ややシワが寄ってしまいますが、家で食べるのならば充分に本格的な味わいを楽しめます。

ツルンとした表面の美しい茶碗蒸しを作りたいと思うのならば電子レンジではなく、蒸し器で加熱するのがおすすめです。

中に鶉の卵やホウレンソウ、ギンナンなどを入れるアレンジも可能です。

2食用が10パック入って約1000円です。

フリーズドライは場所を取りませんし、賞味期限も長いので、保管には困りにくいです。

あと一品欲しいと言う時にはとても便利です。

ガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプはハワイの郷土料理の1つです。

デリカコーナーで購入をすることが出来ます。

大きな容器に25匹前後のガーリックシュリンプとガーリックライスが入っています。

電子レンジで加熱するだけで食べることが出来ます。

海老は大きく、背中に切れ込みが入っているので食べやすいです。

ただし、電子レンジで加熱をするとエビが少し硬くなってしまうこともあります。

殻に歯ごたえ、エビの身にプリプリ感を求めるのならばガーリックシュリンプだけをフライパンで加熱し直すと良いかもしれません。

ガーリックライスはあまり日本人には食べ慣れていないテイストで好みが分かれやすいです。

にんにくが好きだと言う人にはとてもおすすめの商品です。

価格は1800円程度です。

新宿中村屋カレーうどん

カレーうどんを家で簡単に食べたい時にはウドンを茹でて、レトルトカレーをかければいいと考えがちですが、それではあまり美味しくないことも多いです。

美味しいカレーうどんを自宅で手軽に食べたいのならば新宿中村屋カレーうどんという冷凍食品がおすすめです。

カレーとうどんが別々になっていて、それぞれを電子レンジで加熱し、うどんの上にカレーをかければ完成です。

具が大きく、ゴロゴロと入っているので満足感があります。

ご飯のためのカレーではなく、うどんのためのカレーとして作られているので、相性も抜群です。

4食入りなので冷凍庫のスペースもそれほど取らないのでストックしておくのにとても便利です。

価格は1200円程度なので、一食あたり300円程度になります。

冷凍うどんとしてはやや高価な部類ですが、その分味はとても良いです。

まとめ

コストコには電子レンジで手軽に食べられる食品が数多く揃っています。

ポップコーンからロティサリーチキン、ラザニア、明石焼き、カレーうどん、ガーリックシュリンプなどとても多彩です。

おなじみの料理から、あまり見慣れないものまであるのでいろいろと試してみましょう。

冷凍食品の場合は、保管スペースについて考えておくことが大切です。