マグカップと電子レンジを使った簡単で楽し料理を紹介!

マグカップに材料を入れて電子レンジで加熱するだけで出来る料理について紹介をします。

マグカップは調理器具にもなり、お皿にもなります。

出来たらそのままマグカップで食べることが出来るので、洗い物がすくなく、とっても便利です。

見た目も可愛いです。

ちょっと1人分だけ欲しいというときにとっても便利なのでぜひ知っておきましょう。

マグカップで料理をするととても便利

マグカップは何か飲み物を入れる容器というイメージが強いですが、ボールの代わりにもなります。

マグカップの中に料理に使う材料を入れ、ティースプーンで混ぜ、電子レンジで温めて作る調理方法もあります。

1人分だけ欲しい、少しだけ欲しいという時にとても便利です。

出来上がったらそのままマグカップを器として使い、ティースプーンですくって食べればいいので洗い物も少ないです。

マグカップと電子レンジで作る料理を知っておくとお夜食や軽食、オヤツの時などに重宝するのでおすすめです。

電子レンジで使えるマグカップを

マグカップを使って電子レンジで調理をする場合、何よりも大切なのは電子レンジで使えるマグカップを選ぶことです。

耐熱性のガラス製か陶器のマグカップを選ぶようにしましょう。

陶器のマグカップの場合も、表面に金属が使われている物はよくありません。

電子レンジで加熱すると火花が飛ぶことがあり、危険です。

プラスチックのマグカップを使う場合はマグカップの裏に耐熱温度があるのでそれを参考にしましょう。

ブラスチックのマグカップに油分の強いものを入れて電子レンジで加熱をすると、プラスチックが溶けてしまうことがあるので注意が必要です。

ホーロー製や金属製のマグカップはおすすめしません。

大き目のものがおすすめです

マグカップを使って電子レンジで調理をする場合、かき混ぜることが多いですし、電子レンジで加熱をすることによって膨らんだりカサが増えたりすることもあります。

作業をやりやすくしたり、溢れたりこぼれたりするのを防止するために、大きさはやや大きめのものがおすすめです。

ホットケーキミックスを使ったカップケーキ

ホットケーキミックスを使ったカップケーキは簡単な朝食や軽食としてとても便利です。

フルーツやジャム、紅茶、チョコレート、ココア、チーズ、黒砂糖、レーズンなど工夫次第で味にバリエーションを付けることもできます。

粉砂糖を振ったり、フルーツを飾ったり、アイシングをしたりすればおもてなしにおぴったりです。

用意するもの

たまごを1個、オリーブオイルを小さじ2杯、牛乳を大さじ1杯、グラニュー糖を大さじ1杯、ホットケーキミックスを大さじ3杯です。

作り方

最初にマグカップへ卵を割り入れます。

そして溶きほぐした後、オリーブオイルを入れてさらによく混ぜます。

次に牛乳、グラニュー糖、ホットケーキミックスを入れて滑らかになるまでよく混ぜます。

最後に電子レンジで1分30秒ほど温めて完成です。

ゼリー

1人分のゼリーを食べたい時にもマグカップは便利です。

好きなジュースとゼラチンがあればすぐにできます。

ゼリーのなかにグミやフルーツをいれるのも味や食感にアクセントが出ておすすめです。

グミを入れる場合は少し冷めてから入れるようにしましょう。

熱い内に入れてしまうとグミが溶けてしまいます。

用意するもの

好みのジュースを250ミリリットル、砂糖大さじを1杯から2杯、粉ゼラチンを5gです。

ゆるめのゼリーを作りたい時には粉ゼラチンの量を減らします。

作り方

マグカップにジュースと砂糖を入れます。

電子連ンジで1分30秒温めます。

スプーンでよく混ぜて砂糖を完全に溶かします。

粉ゼラチンを振り入れて、ゼラチンを溶かします。

白いアクが浮かんでくることがあるので、その場合はスプーンなどを使って取り除きましょう。

粗熱を取ってから冷蔵庫に入れます。

固まったら完成です。

ポンデケージョ風

ポンデケージョといえばタピオカ粉を使ったもちもちで丸いパンですが、カタクリ粉とマグカップを使えば簡単にポンデケージョ風のものを作ることが出来ます。

枝豆やコーンなどをプラスすると見た目が鮮やかになり、食感にも変化が出るのでおすすめです。

用意するもの

かたくり粉を大さじ1杯、小麦粉を大さじ1杯、粉チーズを大さじ1杯、胡麻を適量、水を適量です。

作り方

マグカップに水以外の材料を全て入れて混ぜます。

水を少しずつ入れながら練ります。

全体がもったりとしてくるまで水を入れて混ぜましょう。

混ざったら電子連で2分間ほど加熱をしてこなっぽさがなくなったら完成です。

温泉卵

火加減がなかなか難しい温泉卵も電子レンジで作ることが出来ます。

1つだけ温泉卵が欲しいと言う時にとても便利です。

ヤキソバやウドン、パスタ、牛丼、温野菜のサラダなどちょっとした料理の上に温泉卵をトッピングするだけで豪華な料理を演出することが出来ます。

ただし、急激に加熱をしたり、加熱をし過ぎたりしてしまうとたまごが固くなってしまうどころか爆発してしまうことがあるので、調理中は常に電子レンジの中をよく見ておくようにしましょう。

用意するもの

たまごを1つ、水を適量です。

作り方

マグカップにたまごを割入れます。

爪楊枝かフォークを使って黄身の部分に2、3カ所穴を開けます。

この穴がたまごの爆発を防ぐので絶対に忘れずに穴をあけるようにしましょう。

たまごが隠れるくらいの水を、たまごを崩さないように静かに入れます。

500ワットで1分加熱します。

たまごがまだ緩かった10秒ずつ追加で加熱をして好みの硬さにします。

好みの火の通り加減になったらマグカップの水を捨てて完成です。

水気が気になるのならば優しくキッチンペーパーで包んで水気を吸い取るようにしましょう。

バター餅風

切り餅のアレンジレシピとして有名なバター餅ですが、少しだけ食べたい、冷めるのを待って切り分けるのが面倒という人におすすめのレシピです。

食べたい時に1人分だけ、作りたてのおいしさを堪能することが出来ます。

用意するもの

切り餅を1個、砂糖を大さじ1杯、バターを小さじ2杯、水を適量です。

作り方

切り餅を4つに切ります。

切り餅に水をくぐらせ軽く濡らしてからマグカップに入れます。

マグカップにさらに大さじ1杯程度の水を入れます。

電子レンジで1分から2分ほど加熱をします。

切り餅の形がなくなるまで加熱をするのがコツです。

切り餅の形がなくなったらバターと砂糖を入れてスプーンでよく混ぜます。

トロトロになったら完成です。

そのままスプーンですくって食べましょう。

オムライス

手間のかかるイメージの強いオムライスも1人分ならばマグカップと電子レンジがあれば作ることが出来ます。

用意するもの

ご飯を100g、たまごを1個、ケチャップを大さじ2杯、塩コショウを少々、ニンニクを小さじ2分の1です。

作り方

マグカップにご飯とケチャップ、塩コショウ、ニンニクを入れて混ぜます。

電子レンジで1分加熱をします。

たまごを別の容器に割入れ、溶きほぐします。

それをマグカップに入れて2分ほど電子レンジで加熱をします。

お好みでケチャップをかけて完成です。

まとめ

電子レンジとマグカップの組み合わせは1人分だけの料理をすぐに作りたいと言う時にとっても便利な組み合わせです。

洗い物も少なくて済みましょう。

簡単な朝食や夜食、軽食などにおすすめです。

電子レンジに適した耐熱性の大き目のマグカップで作ってみましょう。

カップケーキやポンデケージョ、バター餅、オムライスなど様々な物が作れます。