声優を目指すときに専門学校に行かないのにはデメリットがある?

これから勉強を始めて声優になりたいときには専門学校に行った方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。

もし行かないで済むのであればその方が嬉しいけれど、専門学校で学ばなければ声優になれないのであれば進学しようと考えている人もいるかもしれません。

専門学校に行かないとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

専門学校に行かなくても声優になれるのか

まずは専門学校に行かないと声優になれないのではないかと思っている人が確認しておきたいのが、専門学校に行かずに声優になれる可能性があるかどうかです。

実際の状況がどうなっているのかを紹介するので参考にして下さい。

専門学校卒ではない声優は多い

前提として最初に押さえておきたいのは声優になるためには専門学校を卒業したという学歴は必要ないということです。

専門学校卒の声優も現場で活躍しているのは確かですが、実際の状況としては専門学校に通ったことがない声優が多くなっています。

そもそも30年くらい前を考えてみれば声優の専門学校が今のようにたくさんなかったのは明らかでしょう。

それでも大勢の声優がアニメや映画などの制作で活躍していたのは、専門学校を卒業しなくても声優として成功できることを示しています。

このような状況は今でも変わらず、新たに専門学校卒の人が声優として活躍をし始めたと考えるのが妥当でしょう。

声優養成所や個人レッスンで学べば声優になれる

専門学校に行かないで声優になっている人たちはどのようにして技術や知識を身につけたのかというのが疑問になる人もいるかもしれません。

専門学校に行かずに声優になった人もレッスンを受けて力を付けていることは同じです。

最も典型的なのは声優養成所に通ってレッスンを受け、オーディションを勝ち抜いて声優になったというケースです。

声優養成所は各社や各プロジェクトに対して声優のプロデュースをしている会社が運営しているのが特徴で、推薦できるような人材を育てるために徹底した技術レッスンを実施しています。

この現場で他の登録者たちと切磋琢磨しながらトレーニングを積むことで声優になっている人は昔から多いのです。

また、個人レッスンで学んで声優になっている人もいます。

声優として現役で働いている人が副業として、あるいは引退した人が次の世代の声優を育てることを目的として家庭教師をしていることがよくあります。

それに申し込んでマンツーマンレッスンを受けて実力を磨き、オーディションに個人として申し込んで合格している事例も少なくありません。

専門学校に行かないデメリット

このように声優養成所や個人レッスンを活用して声優になっている人もいる中で、あえて専門学校に通う意味があるのでしょうか。

専門学校に行かないデメリットについて紹介するので、通うべきかどうかを見極められるようになりましょう。

1からスタートするのは困難

声優としての基礎を既に身につけている人であれば確かに専門学校に行かなくても問題はないかもしれません。

しかし、全くの初心者で1からスタートしたいという場合には専門学校に行かないと一人前になるのは困難です。

声優養成所はもともと基礎的な力があって推薦できるレベルまで引き上げられそうなポテンシャルがある人を厳選して採用しています。

基礎すらできていない状況では通うこともできず、声優を目指すのには使えないのです。

また、個人レッスンについてもかなり大きな困難を伴います。

どのようなスタンスで家庭教師をしているかは人によって大きく違うものの、初心者を一人前に育て上げるほどの教育を行っているケースは稀だからです。

現役の声優が小遣い稼ぎにやっているという場合には基礎的なトレーニングは受けられますが、実践的に声優として活躍できるところまでレベルアップするのは困難になりがちです。

逆に後継者を育てようという気持ちで家庭教師を始めた声優を選ぶと、最初の段階で能力が十分にないとわかった時点で手を抜かれたり、そもそも断られてしまったりすることもあります。

しかし、専門学校なら初心者を一人前に育て上げるためのカリキュラムを持っているので、1から学んで成功できる可能性が十分にあります。

励まし合える仲間を見つけるのが難しい

声優の専門学校に通わないと仲間が見つかりにくいのもデメリットです。

声優養成所の場合には一緒にレッスンを受ける人がいるのは確かですが、互いにオーディションを通してポジションを奪い合う立場になります。

表面上は親しげに付き合っていても、心の奥底ではどう思われているかわからないという懸念が生まれることは否めません。

ライバルは見つかる可能性があるものの、励まし合える仲間にはなかなか出会えないのが実態です。

そして、個人レッスンの場合にはそもそも声優を目指している仲間に出会う機会がありません。

困難を一緒に乗り越えていけるような仲間を見つけたいという場合には、基礎的なところから一緒に学ぶ仲間が手に入る専門学校がおすすめです。

まとめ

専門学校に行かないで声優になることができるのは確かです。

ただ、初心者が1から学ぶには他の方法では困難で、励まし合える仲間を出会う機会を得られないデメリットもあります。

これから学び始めて声優になるのを目指す人は専門学校に通うのが無難なのです。