良いタイミングで買い替えたい!オーブンレンジの適切な買い替え時とは?

オーブンレンジは、なかなか壊れるものではありません。

だから、いつそれを買い替えたらよいかがなかなかわからないものです。

でも、家電製品なのでいつか買い替えないとならないものであることはたしかです。

では実際オーブンレンジはいつ買い替えるのが良いのでしょうか?

ここではそんなオーブンレンジの適切な買い替え時についてみていきます。

温めても冷たいままになることが増えてきたら

オーブレンジの買い替え時として一番わかりやすいのはやっぱり、温めても冷たいままになることが増えてきたというタイミングです。

温めているのに温まらない。

それを故障と呼ばずになんと呼びましょう。

最初はそれでも何回かチャレンジすれば温めることはできるものです。

しかし次第に、チャレンジをしても温めることができなくなっていくことがあります。

そうして完全に故障してしまうのです。

理想はやはりそうなる前に買い替えることです。

もちろんそうなってから買い替えても構いませんが、壊れる前に買い替えるほうがインターバルがなくて済みます。

今やオーブンレンジや電子レンジは、生活になくてはならないものになります。

だからなるべくインターバルなしで買いたいものです。

なので、冷たいままで終わることが増えてきたら、買い替えることをおすすめします。

汚れているだけのこともあるので注意

ただこれは、場合によっては内部が汚れているだけのこともあります。

たとえば、内部に油などがはねてしまっていて、それも含めて温められている状態があったとします。

そうしたら、本当に自分が温めたいものではなくて、その油だけが温まってしまうことが出てくるのです。

すると油の温度がどんどん上がり、結果そっちで温まったと判断されてしまうようになるのです。

それでは温めたいものが冷たいまま出てきても仕方ありません。

そういう可能性もあるので、こういう症状になったからといってすぐに買い替えるのではなく、まずは中を点検してみて、汚れている箇所があれば掃除をしてみることをおすすめします。

それをしてもなお、冷たいまま出てくるようであれば、その時には本当に買い替えていくようにしましょう。

悪臭がしてきたら

電子レンジに悪臭がついてきたら、それは買い替え時になります。

電子レンジは、やはり密閉された空間で食べ物を温めるものになります。

密閉された空間で食べ物を温めるのですから、当然ながらその臭いが電子レンジの中についてしまうことがあります。

そうして電子レンジは使用する年月が経てばたつほどにくさくなっていきます。

臭いが臭くなってしまったら、やはり次から温めるものなども臭くなってしまうことがあります。

それではやはりおいしいものは食べられません。

おいしいものを簡単に食べるためにあるのがオーブンレンジなのですから、そうなってしまったら買い替えを検討するべきなのです。

この場合も一度掃除をしてみるべき

ただこの場合も、ちょっと臭くなったらからと言ってすぐに買い替えるのはおすすめしません。

もしこうしてオーブンレンジが臭くなってしまったとしても、一度は掃除をしてみないとなりません。

しっかりと内部を掃除してみたら、意外とそれだけで改善されることもあります。

その可能性が0ではないのであれば、一度はそれを試してみるべきなのです。

ダメもとで一度掃除はしてみましょう。

実際にはそれでも臭いがとれないことは多々あります。

でも、それをしないで買い替えるのと、それをしてから買い替えるのでは、やはり次のオーブンレンジの選択の真剣さも変わってくるものです。

しっかりと真剣に選ばないのであれば、買い替えても満足はできません。

オーブンレンジは、電子レンジと比べると高い買い物になりますから、やはり買って満足できるものを買いたいものです。

そのためには、真剣に選ぶ環境を整えないとならないのです。

だから、オーブンレンジから悪臭がして買い替えサインに気が付いたとしても、一度は掃除をしてみてください。

ピーピー音が鳴ることが増えてきたら

オーブンレンジを使用していると、自分が温めたいと時間がすべて達成される前にピーピー音がして止まってしまうことがあります。

温まりすぎたりするとそうなるのですが、たとえばコンビニで買ってきたもののパッケージに書かれている時間分だけ温めたいのにそうなってしまうと、それはやはり納得できません。

ではどうしてそうなってしまうのでしょうか?

それはやはり、故障しているからになるのです。

もう経年劣化などでうまく温める力がなくなってきているから、逆に温まりすぎたり、あるいは温まり具合をきちんと感じることができなくなってくるのです。

だからこうしてピーピー音が鳴ることが増えてきたら、その時にはオーブンレンジを買い替えていってください。

これも汚れが原因であることもある

この場合も他の場合のご多分に漏れず、汚れが原因であることがあります。

つまり掃除をしたらなおることがあるのです。

なのでもしこうしてピーピー音が鳴ることが増えてきたら、まずは掃除をしてみてください。

そして汚れを取り除いた後で再度オーブンレンジをつけてみるのです。

それでもだめなのであれば、その時には買い替えです。

また、その時には一時的にそれでよくなることもありますから、また今度違うものを温めようとしたら止まってしまうということがあります。

この場合には汚れが原因であるということと故障が同時にきているという状況になるので、買い替えたほうが得策です。

その後そうしばらくしないうちに壊れてしまう可能性は高いです。

機能がぐっと上がる新製品が出たら

オーブンレンジでは、時に機能がぐっと上がる新製品が出ることがあります。

なので、たんに故障ときだけではなく、そうした新製品が出たタイミングも、適切な買い替え時になります。

たしかに壊れていないタイミングで買い替えることに抵抗がある方もいるかもしれません。

でも、壊れてないタイミングであっても、買い替えることによって大幅にできることが増えたら、それは間違いなく満足度の高い買い物になります。

別に、家電製品は壊れていないタイミングでないと買い替えることができないというようなものではありません。

だから、そこで買いかえたって全然問題はないのです。

そのタイミングなら今あるものを売ることもできる

オーブンレンジに不具合が生じてから買い替えようと思ったら、意外といまあるオーブンレンジの処分に困るものです。

でも、このタイミングで買い替えるのであれば、今あるオーブンレンジは売ることができます。

壊れていない中古品であれば、買い取ってくれる業者もありますし、たとえばヤフオクやメルカリで売ることだってできるものです。

そうしてそれを売ることができたら、結果的にそれを売ったお金の分、新しいオーブンレンジの代金がディスカウントされるようなものになります。

それはすごくお得です。

そんなお得な買い方ができるのは、このタイミングならではのことなので、ここもおすすめなのです。

まとめ

オーブンレンジを買い替えるタイミングは、大きく分けて二つです。

それが故障している可能性が高くなった時か、あるいはぐっと機能が上がる新製品が出たときです。

壊れている時にはもちろん買い替えないとなりませんが、新機能に関しては使う人もいれば使わない人もいるでしょうから、そのタイミングで買い替えるのは人を選びます。

ただいずれにしても、どちらかのタイミングで買い替えるのがベストです。