電子レンジ『アイリス レンジ IMB-T171 MBL-17T』の魅力とは?

アイリスオーヤマ 単機能レンジ 西日本 60Hz専用 17L ホワイト IMB-T171-6

日本では、電子レンジを利用した調理法を紹介している雑誌が数多く販売されています。

そのため、高機能なオーブンレンジよりも、低価格になっている電子レンジを利用している方は多くいます。

そのため、電子レンジが故障して、再び電子レンジを購入するべきか悩んでいる方には、電子レンジの中でも低価格になっている『アイリス レンジ IMB-T171 MBL-17T』がおすすめです。

この電子レンジは低価格になっているだけではなく、様々な機能が搭載されているので、詳しく紹介しましょう。

アイリス レンジ IMB-T171 MBL-17Tの特徴

本製品は低価格になっているのに、利便性の高い機能がいくつか搭載されています。

そこで本製品を詳しく知らない方のために、どのような機能が搭載されているのか紹介するので、確認してみて下さい。

調理モード

本製品には、3種類の『調理モード』が搭載されていて、200W・500W・700Wなどを選ぶ事ができます。

200Wは冷凍食品の解凍に利用できて、500Wは煮込み料理に利用できます。

さらに700Wは飲み物を温める際に重宝できるのです。

特にホットコーヒーやお茶を飲む際に、お湯を沸かそうとしたらガスや電気を多く使う事になるので、光熱費をかけてしまいます。

所が、電子レンジで、飲む量だけを加熱すれば、あまり光熱費をかけないで済みます。

このように調理モードを使い分ける事ができるので、利便性の高い電子レンジを探している方には、本製品はおすすめです。

タイマー設定

電子レンジは電気を使うので、ガスで点火するよりも、火事になる可能性は低くなっています。

しかしコーヒーを温めすぎたら、水があふれだすケースもあるので、温めすぎたらトラブルを起こす可能性もあるのです。

所が、本製品は『タイマー設定』も搭載されているので、あなたの好きな時間まで加熱する事ができるのです。

そのため、温めすぎないように加熱できるので、トラブルを起こす可能性が低くなっています。

そして本製品のタイマー機能では、0~15分まで選べるようになっているので、飲み物だけではなく食べ物を温める際にも重宝できます。

つまみ式

現代の日本ではデジタル化が進んでいて、遂にテレビもアナログからデジタルに切り替わりました。

そのため、昔のような『つまみ式』の家電製品が少なくなってきたのです。

そのため、つまみ式の家電製品に慣れていた方にとって、つまみがない家電製品は使いづらいでしょう。

所が、本製品はつまみ式になっているので、数字をセットする事が苦手な方でも気軽に利用できます。

ターンテーブルの特徴

本製品は『ターンテーブル』と呼ばれている物を搭載していますが、このターンテーブルにはメリットもあれば、デメリットもあります。

そこでターンテーブルの特徴を紹介するので、本製品を購入するべきか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

焼きムラを抑制

本製品は最大で700Wの高出力の電子レンジですが、それでも短時間で食材を温める事は難しいです。

そこでターンテーブルを庫内に設置する事によって『焼きムラ』を抑制しています。

なぜ、そのような事が可能なのかと言えば、ターンテーブルは加熱している時に回転してくれるからです。

実際に焼きムラが起きやすいのは、食材を均等に加熱できない事が大きく関係しています。

しかし本製品のターンテーブルに食材を乗せたら、回転しながら加熱するので、焼きムラを抑制できるのです。

掃除がネック

ターンテーブルは焼きムラを抑制できるというメリットがありますが、掃除をするのに手間暇をかけてしまうというデメリットもあるのです。

なぜならフラットテーブルの商品であれば、フラットな床になっている事から、汚れを落としやすい構造になっているのです。

しかしターンテーブルの場合で、汚れが付いてしまえば、ターンテーブルの表面だけではなく、ターンテーブルより下のほうまで汚れが付いてしまうケースもあります。

そのような事になれば、ターンテーブルを電子レンジから外して掃除する事になってしまうので、面倒な作業が嫌な方は注意して下さい。

庫内の広さ

ターンテーブルではなくフラットテーブルを採用している機種があるのは、掃除しやすい環境にするだけではなく、庫内の空きスペースを確保する意味もあります。

実際にフラットテーブルは何もない状態なので、高さを確保できていますが、ターンテーブルの場合は、テーブルを設置する事から、庫内が少し狭くなってしまうのです。

そのため、ターンテーブルを採用している本製品では、庫内が少し狭くなっているので、大きめの食材を温める機会が多い方も気を付けて下さい。

本製品の商品情報

本製品の特徴が分かった方でも、デザイン性や価格なども知りたい方は多いでしょう。

そこで本製品の商品情報も紹介するので、本製品のデザイン性や価格なども確認してみて下さい。

デザイン性

本製品には、3種類のカラーバリエーションが用意されていて、ホワイトブラック・ブラック・ホワイトなどがあります。

ホワイトブラックは全体的にホワイトカラーで、つまみがホワイトで、つまみの周りがブラックになっています。

ブラックは全体的にブラックカラーで、部分的にホワイトが使われているのです。

ホワイトは全体的にホワイトカラーになっていて、部分的にブラックが使われています。

このように様々なカラーが使われているので、あなたの好みに合うデザインを見つけられる可能性は高いです。

ただしブラックやホワイトは全体的に同じカラーになっているので、つまみで調整しづらくなっているので注意して下さい。

低価格な電子レンジ

本製品は調理モードが3種類も搭載されているので「本当に低価格な電子レンジなのだろうか」と不安を感じたかもしれません。

所が、本製品は楽天市場では、送料無料で税込価格6,280円で購入する事ができるのです(2018年2月23日時点)。

実は日本で販売されている電子レンジの中には、10,000円を超えてしまう機種がいくつもあります。

そのため、値段が安くなっている電子レンジを探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品はコストパフォーマンスの高い電子レンジですが、利用者たちの中には、不満を抱いている方もいるのです。

そのため、本製品を購入してから後悔する可能性もあり得るので、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は700Wまで出力する事ができるので、値段が安い割に食材を温める事ができて、満足している方がいました。

そのため、値段が安い電子レンジでも、しっかりと食材を温められる機種を探している方は、本製品を検討してみる価値があります。

その他に、本製品はシンプルな構造になっている所を気に入っている方もいました。

実際に本製品はつまみ式なので、最新の家電製品が操作しづらい方でも、本製品であれば利用しやすくなっています。

否定的な口コミ

本製品を利用していたら、ターンテーブルが外れやすくて、不満を抱いている方がいました。

そのためターンテーブルを外して、掃除をした後は、しっかりとターンテーブルを装着させて外れないように気を付けて下さい。

その他に5分ほど加熱しても、温める事ができなくて、不満を抱いている方がいました。

しかし本製品は調理モードが3種類も用意されているので、短時間で温めたい場合には、700Wを活用すれば温める事は十分に可能です。

まとめ

本製品はターンテーブルを採用しているので、掃除をする際には、少し手間暇をかけてしまいます。

しかしターンテーブルを採用している事で、焼きムラを抑制できるので、食材の味にこだわる方には魅力的なポイントです。

さらに3種類のW数を選ぶ事ができるので、本製品は利便性の高い電子レンジです。

そのため、コンビニの弁当も温めやすいので、独り暮らしの方も重宝できます。