電子レンジでの加熱を避けるべきものは?注意したい4つの食べ物

電子レンジは、食べ物を簡単に温めることができる便利な家電製品です。

これを使うことで、いつでもホカホカの食事を楽しむことができます。

ただし、どんな食べ物でも温めてよいわけではありません。

中には、電子レンジでの加熱に向いていない食べ物もあるので、それらには注意するべきです。

では、電子レンジを使うときに注意したい4つの食べ物について、詳しく説明していきます。

殻や膜がある食べ物

殻や膜がある食べ物とは、卵やソーセージ、明太子や銀杏などのことです。

そのような殻や膜で覆われた食べ物は、電子レンジで加熱することにより、爆発してしまうことがあります。

これは、急激な加熱で起こる中身の膨張が原因です。

その膨張が限界を越えたとき、殻や膜を破って、一気に弾け飛ぶことになります。

しかし、その爆発が起きるのは、電子レンジの中だけとは限りません。

卵の場合、殻を割ったり、噛みついたりしたときに爆発することもあります。

これは、中身の膨張が殻や白身で遮られるためです。

中身はどんどん膨らんでも、殻や白身がストッパーになることで、いつ弾けてもおかしくないパンパンの状態になります。

そして、殻にヒビが入ったり白身が破れたりしたときは、それまで抑制されていたものが勢いよく破裂するわけです。

したがって、電子レンジの中で爆発しなかったとしても、油断してはいけません。

殻や膜があるものは、十分注意して加熱するようにしましょう。

中身を密閉しない

殻や膜がある食べ物を温めるときは、中身を密閉しないことが大切です。

中身が限界まで膨張し、一気に弾けることが問題であるなら、それを防ぐための隙間をつくりましょう。

つまり、皮をむいたり穴を開けたりして、内側に圧力がこもらないようにすればよいのです。

例えば、ゆで卵の爆発は、白身の中で黄身が膨張してしまうことが原因なので、切ってから温めれば問題はありません。

目玉焼きを作るなら、黄身に小さい穴を開けておけば、破裂する心配はなくなります。

また、ソーセージを温めるときは、切り込みを入れておくと安心です。

このように、中を密閉しないように工夫しておけば、爆発が起こることはありません。

殻や膜がある食べ物を加熱するときは、忘れずに対策をしておきましょう。

芋類

じゃがいもや里芋、さつまいもなどは、他の食べ物と比べて水分が少ないものです。

そのため、電子レンジで加熱すると、焦げてしまうことがあります。

芋類を電子レンジで加熱した場合、わずかにある水分もすべて蒸発してしまい、だんだん煙が出てきます。

そして、最終的には黒焦げになり、炭に近い状態になってしまうのです。

焦げるだけならまだよい方で、最悪の場合は、発火してしまうこともあります。

電子レンジで発火事故が起こる場合、芋を温めていたことが原因になっているケースは多いのです。

火災を防ぐためにも、芋類の加熱は慎重に行ってください。

水分を加えよう

芋類を電子レンジで加熱するなら、そのままの状態で加熱するべきではありません。

焦げたり発火したりするのは、芋類の水分が少ないためです。

水分が少ない状態で加熱すれば、わずかな水分はあっという間に蒸発してしまいます。

そして、乾ききった芋を加熱し続けることで、事故につながってしまうわけです。

これを防ぐためには、水分をプラスしてから温めるようにしましょう。

十分な水分を加えておけば、簡単に焦げたり発火したりはしません。

おすすめの対策は、芋を一度水にくぐらせて、ラップで包むことです。

ラップに包んでおけば、水分が逃げる心配はなく、極端な乾燥状態を回避することができます。

また、耐熱容器に少し水を入れ、そこに芋を浸すのも有効な方法です。

その容器にラップを被せて温めれば、水分をしっかり確保することができるため、焦げる心配はありません。

とろみがついた液体

とろみのある液体とは、カレーや味噌汁、乳製品などのことです。

これらを電子レンジで加熱した場合、突沸により、高温の液体が飛び散ってしまうことがあります。

急に液体が吹き上がったり、爆発したりしたようになることもあり、それが肌にかかれば、火傷をしてしまいます。

こうした事故が起きる原因は、急激な沸騰によるものです。

液体を加熱して沸点に達すると、普通は沸騰するものですが、とろみのある液体の場合、すぐには沸騰しないことがあります。

その場合、ほんの少し刺激を加えるだけで、急激に沸騰し始めるのです。

これは、かき混ぜたり、調味料を加えたりといった、ほんの些細なことが引き金になったりします。

そのような刺激で急に沸騰すると、爆発したように飛び散ってしまうのです。

これが突沸と呼ばれる現象であり、とろみのある液体を温めたときは起こりやすいので、注意しなければなりません。

また、普通の水の場合でも、あまり加熱しすぎると突沸が起きることもあるので、とろみがないからといって油断しないようにしましょう。

温めすぎに注意

突沸は、温めすぎたときによく起こる現象です。

そのため、電子レンジのオート機能には注意してください。

オート機能は、その食品に合った温め方ができる便利なものですが、適切な加熱時間からずれることも多く、温めすぎてしまう原因のひとつになっています。

したがって、とろみのある液体を温めるなら、できるだけオート機能は使わないようにしましょう。

そして、もし温めすぎたときは、すぐに取り出さないことが大切です。

突沸は、少し揺れただけでも起きてしまう可能性があるため、温め過ぎたものをすぐ移動させるのは、とても危険な行為になります。

温めすぎたときは、電子レンジに入れたまましばらく放置し、温度が下がるまで待ちましょう。

それなら沸騰が始まることはないので、安全に取り出すことができます。

刺激物

唐辛子などの刺激物は、他の3つのような爆発や発火といった危険はありませんが、加熱によって出る蒸気が問題になります。

その蒸気は、とても刺激が強いものであり、目や喉にはよくありません。

加熱後に電子レンジを開ければ、中に充満していた蒸気が溢れ出すことになりますが、それが顔にかかると、目や喉にヒリヒリとした痛みを感じてしまうのです。

乾燥唐辛子などを作る場合、電子レンジによる加熱は便利ですが、その際は十分注意してください。

少しずつ温めよう

刺激物を温めたときの蒸気は、量が多ければ多いほど、たくさん発生してしまいます。

そのため、大量の唐辛子を一度に温めたりすると、目やのどを痛めてしまう可能性が高いのです。

蒸気によるデメリットを軽減するためには、何回かに分けて少量ずつ温めるようにしましょう。

大量に温めれば蒸気も多くなり、目や喉に強い痛みを感じてしまいますが、少量であれば、それほどの負担にはなりません。

少しでも時間を短縮しようと思えば、量を多くして一度に済ませてしまいたくなりますが、刺激物に関しては、その方法は避けるべきなのです。

小分けにすると、時間や手間はかかってしまいますが、目や喉への負担は軽減できます。

余計な苦痛を回避するためには、多少面倒に感じても、確実に蒸気を減らす方法で加熱するようにしましょう。

まとめ

電子レンジはとても便利ですが、温める食べ物によっては、思わぬデメリットが発生してしまうこともあります。

そうした食べ物の中には、火傷や火災などの原因になってしまうものもあるため、温めるときは、必ず対策をしなければならないのです。

特に、ここで紹介した4つには注意してください。

どんなデメリットがあるか知っておき、適切な方法を用いるようにすれば、安全に温めることができます。