電子レンジのメリットや注意点を紹介!光熱費の節約が可能?

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ 23L ブラック RE-SS8C-B

日本ではオール電化が注目されるようになった事もあって、電子レンジで蒸しタオルを作ったり、食材を調理したりする方が増えてきました。

確かにガスの使用を控えて電子レンジを利用したら、いくつかメリットを得る事ができます。

しかし電子レンジを利用する際には、いくつか注意しなければ思いがけないトラブルを引き起こしてしまう事もあるのです。

そこで電子レンジを利用するメリットや注意点を紹介するので、電子レンジを活用したい方は参考にしてみて下さい。

蒸しタオル製作と活用

蒸しタオルは健康や美容に気を使っている方たちから人気の高い道具ですが、電子レンジを利用すれば、簡単に蒸しタオルを作る事ができます。

しかし正しい方法で蒸しタオルを作らなければ、火傷する可能性があるので、蒸しタオルの作り方や、活用方法などを詳しく紹介します。

蒸しタオルの作り方

蒸しタオルを作る際には、まず手頃なサイズのタオルを水で濡らします(ぬるま湯でも構いません)。

その際には、タオル全体を水で濡らす事が重要なので、しっかりと水で濡らすようにして下さい。

タオルが全体的に濡れていったら、次にタオルを軽く絞って下さい。

タオルを絞ったら、その後にタオルを元の状態に戻します。

そしてタオルを横半分に折りたたんで、クルクルと丸めていきます。

それから電子レンジでタオルを加熱したら、蒸しタオルが完成します。

火傷に注意

電子レンジを利用したら、蒸しタオルが簡単に作れますが、水を含ませた量と電子レンジで加熱する時間のバランスで、蒸しタオルが熱くなりすぎてしまうケースがあります。

このようなタオルを手でつかんだだけでも、火傷してしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

そのためタオルを水で濡らした場合には、しっかりと絞って、水があまり残らないようにします。

そして電子レンジで蒸しタオルを作る際には、最初は短い加熱時間で試してみて下さい。

加熱した蒸しタオルが、あまり暖かくないようであれば、少しずつ加熱する時間を増やしていって、火傷しないように注意して下さい。

蒸しタオルの活用

蒸しタオルが完成したら、いくつか活用方法があって、そのうちの一つが眼精疲労を取り除く方法です。

その方法とは、目をつぶって、その上から蒸しタオルを軽く当てます。

適度な暖かさがまぶたに当たる事によって、眼精疲労が軽減されるのです。

そのためデスクワークで、長い間に渡って目に疲労が溜まっている場合には、蒸しタオルを活用してみて下さい。

さらに蒸しタオルを肌に当てる事によって、毛穴を開かせて、毛穴の汚れを落とす方法もあります。

このように蒸しタオルには様々な活用法があるので、健康や美容に気を使っている方は、電子レンジで蒸しタオルを作る方法はおすすめです。

耐熱容器を使用

電子レンジを利用すれば、蒸しタオルを作るだけではなく、調理する事もできます。

しかし電子レンジで調理する場合でも注意しなければいけないポイントがあるのです。

そこで電子レンジで調理する場合の注意点や、調理方法などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

耐熱容器

電子レンジで調理をする際には、絶対に守って欲しいポイントが『耐熱容器』の使用です。

現在の日本では、100円ショップでも耐熱容器が販売されているので、簡単に電子レンジでも利用できる容器を購入する事ができます。

実際に電子レンジの加熱に耐えられない容器を使用したら、フタが吹っ飛んでしまったり、容器が溶けてしまったりする可能性があります。

そのため、電子レンジで調理をする際には、電子レンジに対応できる容器を準備して下さい。

お餅を調理

お正月のシーズンになれば、日本では多くの方たちが『お餅』を食べる事になります。

しかし、お餅を作る際に、ガスを使っていたらガス代をかけてしまう事になります。

そのため、お餅を作る際には、電子レンジがおすすめです。

現在の日本で販売されているお餅の中には、カットされている商品が多くて、そのような商品では電子レンジで調理する方法が書かれている場合があります。

その調理方法に従って調理すれば、短時間でお餅を調理する事が可能です。

麺類を調理

お正月とは違って、暑い夏場の季節には、そうめんや蕎麦(そば)を調理する方は多いでしょう。

実は、電子レンジは麺類も調理する事ができるのです。

ただし麺類は長くなっているので、通常タイプの耐熱容器はあまりおすすめできません。

そのため、麺類を電子レンジで調理する場合には、麺類を専用に調理できる耐熱容器が、おすすめです。

実際に日本で販売されている専用の耐熱容器の中には、加熱に耐えられるだけではなく、麺をこぼさないように水だけ捨てられる構造になっている物があるのです。

そのため、電子レンジで麺類を専用に調理できる耐熱容器を利用したら、短時間で調理する事ができます。

電子レンジでトラブル

耐熱容器を利用すれば、様々な食材を調理する事ができますが、その中には調理できない食材もあるので注意しなければいけません。

特に生卵やコーヒーなどを電子レンジで加熱したら、思わぬトラブルを引き起こしてしまうので詳しく紹介します。

コーヒーが突沸

コーヒーカップにコーヒーを入れて、電子レンジで加熱する方は多いかもしれませんが、実は電子レンジでコーヒーを加熱したら突沸(とっぷつ)するケースがあります。

この突沸とは、加熱によって液体が沸騰する水温に達した時に、泡が出ない代わりに、何かの刺激で気体が水蒸気に変化する現象です。

このように液体が突沸したら、体積が一気に増えてしまうので、コーヒーが突沸したら、コーヒーカップからあふれてしまいます。

そのため、電子レンジでコーヒーを加熱する事は控えたほうが良いです。

卵が爆発

電子レンジでコーヒーを加熱する場合は、突沸しない程度に温める方法がありますが、この方法は危険なので辞めたほうが良いですが、成功するケースもあります。

しかし卵を耐熱容器に入れただけの状態で、電子レンジで加熱する事は絶対に辞めて下さい。

なぜなら電子レンジのマイクロ波によって、卵が爆発してしまうからです。

このような事があるので、電子レンジでゆで卵を調理したい場合には、アルミホイルで卵を包んで、それを水の中に入れて調理して下さい。

ただし加熱時間に注意しなければ、トラブルを起こす可能性もあるので、気を付けて下さい。

電子レンジを利用するメリット

ガスの使用を控えて、電子レンジを利用すれば、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので確認してみて下さい。

火事の危険性

日本でオール電化が注目されたのはいくつか理由がありますが、そのうちの一つが『火事』です。

実際にガスを利用して調理する場合には、火を使う事になります。

そのため、ガスを利用して調理していたら、火事が起きる可能性があるのです(オール電化でも火事になる可能性はあるので注意)。

実際に調理している間に、数分間だけでも目を離してテレビを見てしまう方はいるでしょう。

このようなケースでもガスを使っている場合には、火事になる可能性は高いのですが、電子レンジは設定された時間で調理を辞めてくれるので、火事になる可能性が低くなっています。

ガス代を節約

ガスを使用する回数を少なくして、電子レンジを利用する回数を多くすれば、ガス代を節約する事ができます。

さらに電子レンジで加熱した食材を、ガスで調理したら、火を使う時間を短縮する事もできるのです。

そのため、電子レンジでは食材の味が落ちてしまうように感じてしまう方は、電子レンジとガスを併用する方法もおすすめです。

まとめ

電子レンジを活用すれば、蒸しタオルを作れたり、食材を調理できたりします。

そのため、今までガスに頼ってしまって調理時間が長引いたり、光熱費にお金をかけていたりした方は、電子レンジの活用を検討してみる価値があります。

ただし電子レンジを利用する事によって、トラブルが起きてしまうケースもあるので、利用方法には注意して下さい。