電子レンジの選び方のコツと様々な機能から欲しいものを選んでみよう

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W

何を買おうか選ぶときに電子レンジには価格の違いが大きく何が違うのか気になる方。

最新の電子レンジのスペックを通して色んな調理に適応できて家庭の料理の視野が広がるアイテムの1つとして、機能が充実した電子レンジに興味がある方。

これらの電子レンジにはどんな違いがあり、どんな機能が付いているかを紹介していきます。

代表的な電子レンジは2種類

電子レンジの種類には単機能電子レンジと電子オーブンレンジの2つが一般的です。

価格の差はこの2種類に対して単機能電子レンジが安く、電子オーブンレンジが高めの価格に設定されています。

単機能電子レンジ

シンプルにマイクロ波で内部から温めていく電子レンジで、温めるだけの目的で作られています。

調理にアルミホイルを被せて温めることができないこと、他の機能が付いてないので複雑な調理には不向きな電子レンジです。

電子オーブンレンジ

機能が充実していて温めたり焼いたり様々です。

オーブンやグリルのような単機能電子レンジには出来ない調理が可能な電子レンジです。

スペックに差が出てきてファンが付いていることや加熱水蒸気が利用できます。

価格に大きな違いを感じるのはこの為です。

特殊な電子レンジ

あまり馴染みのない電子レンジの仲間としてガスオーブンとコンベクションオーブンがあります。

温め方の違いと時間の速さに違いがあり、調理の幅が広くなる変わりに家庭的にあまり必要な機能ではないことで知っている方は少なめです。

ガスオーブン

文字通りガスを利用して加熱する電子レンジです。

ガスを燃焼した際の熱で温めることで他の電子レンジを利用するよりも早く温めることが可能です。

メリットとしてマイクロ波を利用しないので水分を含んでいなくても温められることができます。

アルミホイルを被せても包んでも温め可能なので焼き芋などの調理もしやすいです。

コンベクションオーブン

多彩な調理方法を兼ねそろえていてトーストやピザ、茶碗蒸しのような特殊な調理を得意とします。

ファン搭載の電子レンジな為、熱を一定に均一に温めることができます。

スペックアップの機能3つ

オートメニュー

オートメニューには電子レンジに内蔵されている機能の1つです。

簡単に調理できるオートメニューには自分の作りたい量に合わせて材料を入れてスタートするだけで出来上がる調理方法です。

電子レンジの中で自動で温度や時間を合わせて料理してくれて便利です。

料理のバリエーションが上がるので夕食のレシピなど楽しめる一面を持っています。

色んな料理を楽しみたい方におすすめの機能なので、オートメニューに対応した電子レンジを選んでみて下さい。

また、オートメニューの搭載した電子レンジには20から30くらいのメニューの種類が備わっているものが多いです。

オートメニューにこだわる方には数100種類ものメニューを搭載している電子レンジもあるので探してみて下さい。

あまり多すぎても使わないメニューが出てきてしまいますが、その分作ってみたい料理も多く搭載しているのでおすすめです。

センサー方式の違い

加熱具合を確認してくれるセンサーには4種類存在してそれぞれ1つずつ備わっています。

赤外線センサー・重量センサー・温度センサー・蒸気センサーが有名です。

調理する材料に応じて最適なセンサーに変わるものばかりなので一概には選びにくいセンサー方式です。

その中で一般的な調理に対しておすすめなのは赤外線センサーです。

出来上がり時に全体的な温まる場所にムラが少なく、スペックが高い電子レンジに使われていることが多いので参考にしてみて下さい。

また、オーブンやグリルのような調理を重視したい方には温度センサーも視野に入れてみて下さい。

調理時間のコントロールに役立つことで有名です。

2段オーブン

パンを作るのが好きな方やお菓子作りに適している電子レンジです。

一度に沢山作れる2段オーブンにはパンやお菓子を作るのが好きな方に限定される電子レンジですが、高いスペックを兼ねそろえた電子レンジの特徴を持ちます。

300度のような高温で利用可能なことや素早い時間でパンやお菓子を作れます。

トーストやピザのような普段の生活に利用しやすい点が便利な理由です。

一人で生活している方より家族向けの電子レンジに感じます。

利用する頻度が高い環境に向いている一方で利用しにくい方もいますので、多くの量を一度に作りたい方におすすめの電子レンジです。

あると便利な機能

待機電力ゼロ

一定時間の使用がなくなると電気が自動的に落ちる仕様です。

何年もの時間使い続ける電子レンジの待機電力を無くしたい方におすすめです。

電気代節約に貢献して夜中など使わない時間は無駄になってしまうので、待機電力ゼロの機能は合った方が良いです。

脱臭機能

色んな食材を温め続けている電子レンジには大なり小なり匂いが残っている状態です。

日々のお手入れをして匂いを取り除くことが一番効果的になりますが、脱臭できる機能を持っている電子レンジだとお手入れも楽です。

脱臭方法は簡単にできて空の状態で熱を用いて匂いの元を根元から焼き焦がすことで匂いを無くします。

ちゃんと電子レンジをお手入れする際までの繋ぎとして充分に役立つ機能なのでおすすめです。

ただ、使いこんで汚れが付いている状態だと徐々に脱臭効果が薄れてしまうので注意して下さい。

自動洗浄機能

この機能もお手入れの手助けを補う機能の1つで、電子レンジによって洗ってくれる場所はまちまちです。

一部の個所を掃除してくれるオートシステムとして楽に掃除ができます。

電子レンジの中にこびりついた汚れをふき取りやすくする機能など様々です。

掃除に特化した上級機能には菌を殺す本格的なオート機能も備えています。

必要な機能を抑えてコスパを良くしよう

電子レンジを選ぶ時に最初に意識することは電子レンジの価格だと感じます。

電子レンジの相場は数万円代になりますが1.2万円代の安価なもの、10万円に近いものまで幅が広く失敗出来ない買い物だと思います。

安価な電子レンジには温めることだけに意識した作りになるので多少の不便さは気にしないと思いますが、高価な場合は使わないだけで損です。

生活スタイルに合う電子レンジを選ぶポイントは消去法がベストです。

欲しい機能から選んでいき要らない機能を省いていくことで自分にベストな電子レンジに近づくと思います。

本格的な調理を望んでいたり料理が趣味な方には高スペックが魅力的に感じて思い切って買ってみたら要らない機能まで付いていたりと口コミでも色んな評価が出てきています。

使ってみないと分からないことも多いですが、便利な機能を紹介した中で更に厳選して選んだりと出費を抑えられるポイントもあります。

充分に電子レンジを知ってから色んな方からの良いところ悪いところを口コミで確認して実際の感想を知るのも良いと思います。

魅力的な電子レンジが沢山作られていますので、悩むこともありますが自分に合う電子レンジも見つかりやすいので色んな視点から探してみて下さい。

まとめ

種類が複数合ってスペックや機能など電子レンジの幅が広がり選ぶのが困難に感じることと反対に、自分の選り好みにもしっかり選べる良さもあります。

電子レンジ自体に要望がない方は単機能電子レンジが向いていると思います。

機能を充実したい方には電子オーブンレンジなどから選んでいけると思います。

細かい機能も搭載していて魅力的ですので色んな電子レンジを見てみて下さい。