電子レンジを上手に活用すればより便利に料理ができるようになる

電子レンジは、オーブンレンジとは違いとてもシンプルな機能性であることがポイントです。

そのため、ただ温めると言う機能しかありませんが、この温める機能を上手に使いこなせばさまざまな応用を利かせた食材を作ることができるようになります。

まずは電子レンジの機能性などを理解して、電子レンジを上手に購入していきましょう。

電子レンジの活用

温めるだけではない電子レンジ

電子レンジは、今ではどの家庭でも当たり前のように設置してあます。

賃貸マンションの中には、既に電子レンジが付属されているような場所も多く、まさに所有していることが当たり前になっている家電でもあるのです。

しかし、電子レンジはただ食材を温めることだけに使用している人がまだまだ多いのが現状です。

確かに電子レンジは食材を温める機能としては、誰もが納得できる能力を持っていますが、使い方によってはこうした温める能力を利用してさまざまな使い方があるのです。

その使い方を身に付ければ、より活用の場は増えていきます。

電子レンジで果汁を搾り取る

レモンなどの柑橘類の果汁を絞り取るときには、どのような方法を活用しますか。

多くの人は、そのまま半分に切って力を加えて絞ると言う方法を行っています。

しかし、電子レンジを活用することでレモンなどの柑橘類はとても簡単に絞ることができるようになります。

30秒ほど温めて絞れは、無理な力を加えなくてもとても楽に絞ることができるようになります。

こうした使用方法は意外な方法かもしれませんが、プロは当たり前のように活用している方法なのです。

皮が剥きやすくなる

また、皮の剥きにくい食材などは電子レンジで軽く加熱することで簡単に皮を剥くことができるようになります。

とくにガーリックなどの皮はとても剥きにくく力が必要になってきますが、電子レンジで20秒ほど加熱を行い、皮を剥くと驚くほどスムーズに皮を剥くことができるようになります。

スピーディーな調理を目指している場合には、こうした知恵も持っておきましょう。

湿気を含んで食材をパリパリにしてくれる

砂糖や塩などは湿気を含んでしまうことで塊のようになってします。

こうした状態になってしまえば諦めて使用するしかないと考えていたかもしれませんが、電子レンジを使用することでこうした問題を解決することができます。

砂糖や塩などにキッチンペーパーを乗せて30秒ほど加熱を加えることで、塊になっていた砂糖などは綺麗にほぐれます。

また、こうした方法を活用すれば湿気を含んでしまったポテチップスなどのパリパリの状態にしてくれるのです。

ただ食材を温めるだけではない電子レンジの活用方法を知れば、より便利に使用することができるようになります。

電子レンジの選び方

機能性は必ず重視する

電子レンジはとてもシンプルな機能でできています。

オーブンレンジとは違い、湿気を少しでも含んでいる食材を温めると言う機能だけになりますが、それでもメーカーによりさまざまな機能が含まれています。

とくに重視する機能性としては、温める時間を自動で設定できる機能です。

どのくらいの時間で温めるべきかは、食材により変わってきますので、初めて使用する食材の時間はとても悩みになってしまいます。

自動で食材の温める時間を設置できる機能を活用すれば、より便利にスピーディーに作業を行うことができるようになります。

メーカーによりこうした機能には大きな差がありますので、必ずしっかり確認をして選ぶようにしていきましょう。

お皿のないフラットなタイプを選ぶ

電子レンジには中にお皿が付いているタイプと、付いていないフラットになっているタイプとに分けることができます。

この二つのタイプの大きな違いは、中の食材が回転するかどうかの違いにあります。

回転する意味は、食材にまんべんなくマイクロウェーブを当てる必要があるからです。

このマイクロウェーブが食材に当たることで温めることができるようになりますが、回転しないお皿の付いていないタイプはより多くのマイクロウェーブを放出させることができるタイプです。

そのため、回転させなくても同じように食材を温めることができるため中の構造がとてもすっきりしているのです。

フラットな面が多いため、掃除を行うときにもとても楽です。

こうした細かい機能ですが、より便利に使用することをイメージすれば、こうしたタイプを選ぶことも重要です。

安くでもできるだけ有名メーカーの物を選ぶ

電子レンジは最近ではとても安価に購入することができるようになってきました。

機能性を重視しなければ、驚くほど安価に購入することができるようになり、学生の一人暮らしでも簡単に購入することができます。

しかし、安ければどのような電子レンジでも良いと言う選び方は避けるようにしましょう。

電子レンジはさまざまなメーカーから発売されていますが、できるだけ有名なメーカーの物を購入することをおすすめします。

電子レンジは壊れにくい家電ではありますが、メーカーによっては使用方法によって破損してしまいやすいこともあります。

長期的に愛用していくことを意識して、できるだけ安価なタイプでも有名なメーカーの電子レンジを選ぶように心がけましょう。

おすすめの電子レンジ2選

アイリスオーヤマMO-F1801

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

安くてもしっかりと安心できる機能性を重視したいと考えている場合には、アイリスオーヤマMO-F1801をおすすめします。

アイリスオーヤマMO-F1801は、基本的な機能性にとても優れておりとくに豊富な温め機能には定評があります。

18種類の豊富な自動メニューは、調理で電子レンジを頻繁に使用する人であれば間違いなく重宝します。

ワット数などは調理方法により選ぶことができますので、安価な電子レンジのタイプではありますが、しっかりと使うことができます。

シャープRE-S5E

シャープ オーブンレンジ トースト機能付き 15L  ホワイト RE-S5E-W

電子レンジと言えばシャープがやはり安心して使用できます。

中でもシャープRE-S5Eは、庫内の容量もしっかり確保することができ、さらに最大出力は500Wとこれ以上ない機能性を秘めています。

基本的な機能性はもちろん、温め機能に関してはさまざまな調理に役立てることができる能力を持っています。

これから電子レンジを購入すると言う人には、シャープRE-S5Eはとてもおすすめです。

電子レンジの賢い使い方

長時間の加熱を行う場合

電子レンジは熱にとても強い構造になっています。

高温になることを想定して作られていますが、やはり長時間高温にさらすことはできるだけ避けるように心がけましょう。

長時間加熱をしなければならないときには、少し時間をおいて加熱を行うなどの工夫を行えば長く電子レンジを使用することができるようになります。

また、長時間加熱を行った後には、電子レンジの扉を少しの時間開けておくなどをして熱を放出させることも重要です。

安心して長く使用できるように、さまざまな工夫を行っていくことが重要なことなのです。

まとめ

電子レンジは最近ではどの家庭でも使用している家電になります。

しかし、電子レンジをしっかり理解して使用している人は意外に少ない傾向にあります。

とくに機能性については理解をして使用している人は少ないと言えます。

電子レンジの機能性を理解できれば、より便利に電子レンジを使用することができるようになることは間違いありません。