電子レンジを利用したとっても美味しい卵料理と注意点について

Zafina 電子レンジ 調理 レンジ 卵蒸し器 コッコ クック レンジピヨ

電子レンジに卵を入れると爆発すると言う話はとても有名です。

しかし、電子レンジに卵を入れただけでいつも爆発するとは限りません。

正しい処理や対策をして電子レンジを使えば爆発することなく、美味しい卵料理を作ることが出来ます。

卵と電子レンジは実はとても相性が良いのです。

手軽にできて美味しい卵料理を電子レンジで作ってみましょう。

卵を電子レンジに入れる時の注意点

卵を電子レンジに入れて加熱をすると、爆発することがあります。

良くやってしまうのは、殻付きのまま卵を入れる、割入れた生卵を入れる、茹で卵を丸ごと入れる、です。

卵が爆発してしまうと電子レンジ内に卵が飛び散って掃除が大変になってしまうだけでなく、故障の原因になってしまうこともあります。

それだけでなく、タイミングが悪ければ火傷や怪我をしてしまう恐れもあります。

なぜ、卵は爆発してしまうのかについて

なぜ、ものを温めるはずの電子レンジに食品であるはずの卵を入れると爆発するのかについて説明をします。

電子レンジの過熱というものは、モノの外側ではなく内側から加熱が進みます。

そうなると卵の黄身の部分の水分が沸騰してしまいます。

黄身が沸騰して膨張することで、白身や殻を押し破ります。

黄身は外気に触れることで黄身にかかっていた圧力が減り、黄身の水分が一瞬にして水蒸気になり、水蒸気爆発が起こってしまいます。

道具や対策次第で大丈夫

電子レンジに卵をそのまま入れると爆発のリスクがありますが、しかし、絶対に電子レンジで卵を調理したり温めたりできないというわけではありません。

なぜ、爆発してしまうのかというリスクさえ知っていれば、対策を立てることが出来ます。

少しの工夫や手間、ちょっとした道具を使うことで電子レンジを使って安全に美味しく卵を調理したり温めたりすることが可能です。

とにかく、卵の黄身を閉じ込めないようにするのがポイントです。

茹で卵は切ってから加熱

茹で卵を電子レンジで温める時は丸ごと入れてはいけません。

とくに半熟で黄身が液体状のときには注意が必要です。

まず、必ずゆで卵の殻を剥きます。

そして、半分、あるいはそれ以上に切ってから加熱をするのがおすすめです。

電子レンジで茹で卵を作る方法

すでに茹で卵になっている状態の卵を温めるだけでなく、少し手間をかければ電子レンジに生卵を入れて茹で卵を作ることもできます。

1個だけ茹で卵を作りたいと言う時にはコンロにお鍋を置いて作るよりも手軽で経済的かもしれません。

逆に言えば2個以上の茹で卵を作りたい時にはコンロでお湯を沸かして作りましょう。

用意するもの

卵が全部入る耐熱用の容器。

マグカップやボールなどがおすすめです。

それからアルミホイルです。

アルミホイルは卵が爆発する原因になるマイクロ波を遮断します。

これにより、卵を外側から温めることができます。

作り方

まず、卵を冷蔵庫から出して常温にします。

そして、アルミホイルでしっかりと包み込みます。

そして、容器に卵を入れ、卵が完全に浸かるくらいの量の水を注ぎます。

電子レンジに入れて500ワットで5分ほど加熱します。

容器のお湯を捨てれば出来上がりです。

容器のお湯は沸騰しているので火傷に注意をしましょう。

専用の容器もあります

電子レンジで茹で卵を作る専用の容器もあります。

1個用のものから複数同時に作れるものもあります。

価格は数百円から2000円程度です。

頻繁に電子レンジで茹で卵を作りたいと言う人はこれがあれば一々アルミホイルを捲かなくて良いので手間が省けるでしょう。

電子レンジで温泉卵を作る方法

電子レンジをでは茹で卵だけでなく温泉卵を作ることもできます。

ポイントは加熱の前に黄身に穴をあけ、逃げ場を作ってあげることです。

黄身に穴をあけることで多少温泉卵の形は崩れてしまいます。

そのようなことはあまり気にしない、1個だけ温泉卵が欲しいという人におすすめの方法です。

用意するもの

卵が1つ入る耐熱容器と爪楊枝です。

耐熱容器は経口が狭いものがおすすめです。

経口が広いと卵が広がってしまうからです。

マグカップやお茶碗などが良いでしょう。

作り方

まず、耐熱容器に卵を割り入れます。

黄身を爪楊枝で1カ所穴を開けます。

卵の表面を完全におおってしまう寮の密を静かに注ぎます。

電子レンジで1分加熱します。

加熱が終わったら水を捨てて完成です。

白身がまだ透明ならば20秒ずつ様子を見ながら加熱を続けましょう。

電子レンジで目玉焼きを作る方法

電子レンジで目玉焼きを作ることも可能です。

1個だけならばフライパンで作るよりもお手軽です。

ノンオイルで作ることができるのでヘルシーです。

しかし、複数の目玉焼きを作るのならばフライパンの方が効率的でしょう。

また、白身を少し焦がしたいというこだわりがあるのならばあまり向きません。

黄身に穴をあける方法

1番爆発しにくく手軽で安全な方法です。

しかし、やや見た目は悪いです。

耐熱容器に小さじ1の水を入れます。

その上に卵を割り入れ、黄身にフォークや爪楊枝などを使って数か所の穴を開けます。

白身に気泡が出来ていたらこの時に潰しておきましょう。

放置しておくとクレーターのような見た目になります。

ラップ、もしくは蓋をして電子レンジで30秒ほど加熱します。

解凍モードを使う方法

黄身に穴を開けたくないと言う人は解凍モードを使ったり、200ワットくらいでゆっくりと加熱をしたりするのがおすすめです。

ゆっくりと加熱をすることで黄身の圧力が急激に上がることを回避することが出来ます。

耐熱容器に卵を割り入れ、電子レンジの解凍モードや200ワットで1分半から3分程度加熱をします。

この方法は200ワット以上で加熱すると爆発するリスクがあるので気を付けましょう。

電子レンジの側を離れず、様子を見ながら加熱をするのが成功のポイントです。

専用の容器を使う

電子レンジで目玉焼きを作るための専用容器が販売されています。

作り方は卵を割り入れ、黄身に穴をあけ、水を入れてふたを閉めて加熱をするだけです。

値段は数百円から2千円程度のものまであります。

値段が安いものはプラスチック素材で、卵を入れるのにちょうど良い大きさの器と言うだけのものが多いです。

値段が高いものは焼き物であることが多く、卵を程よくむらしてくれます。

電子レンジでスクランブルエッグ

黄身と白身をよく混ぜた状態で加熱をすれば爆発のリスクをかなり下げることが出来ます。

ボールに卵を割り入れてよく混ぜてから電子レンジで加熱をします。

30秒から1分ほど加熱をし、もう一度混ぜてからまた30秒から1分ほど加熱をします。

一気に過熱をするのではなく、途中で一旦電子レンジから取り出して加熱をすることで均一に加熱することができます。

卵と一緒にケチャップや塩コショウ、チーズを混ぜるのも良いでしょう。

マヨネーズなど油分を入れるとフワフワになります。

そのまま食べるのはもちろん、サンドイッチの具にするのもおすすめです。

よく混ぜるとスクランブルエッグではなく、炒り卵にすることもできます。

まとめ

卵を電子レンジに入れると爆発をするリスクがありますが、何時も必ず爆発するわけではありません。

急激に加熱されて膨張した黄身の圧力の逃げ場がなくなった時に爆発をします。

なので、ゆっくりと加熱したり、黄身の逃げ場を作ったり、マイクロ波を遮断したりする工夫をすることで安全に手軽に美味しく卵料理を電子レンジで作ることが出来ます。