電子レンジを選ぶときにはセンサー類などの機能性を重視する

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

電子レンジには実はとても多くの魅力が詰まっています。

ただ便利に、時間の短縮として使用できるだけではなく、食材の栄養素のことを考慮しても電子レンジによる調理が有利な場合があります。

こうした多くの魅力を備えている電子レンジは、正しく選んで正しく使用することが一番です。

まずはどのようなタイプがあるかの知識を身につけましょう。

電子レンジを利用するメリット

時間がないときこそ電子レンジの活用

毎日、忙しい中食事の支度に追われている人は多いと言えます。

とくに最近では共働きの家庭が増えてきており、調理の時間がもったいないと考え、なかなか手の込んだ料理ができないと言う家庭が増えてきています。

こうした状況でも頼りになる存在が、電子レンジなのです。

電子レンジであれば、確実に調理の時間を短縮させることができます。

焼くと言う調理方法を除けば、電子レンジでほとんどの調理ができると考えても良いです。

とくに下ごしらえの調理に強く、事前の準備を全て電子レンジに任せることで今までよりも早く調理ができ、空いた時間を他の時間に当てることができるようになります。

栄養価を低下させない調理ができる

野菜などできる限り栄養価が高い状態で食べたいと考えることは、誰でも同じです。

しかし、多くの食材は熱を加えることで栄養価が低下していきます。

とくに野菜を茹でる場合には、茹でた水に多くの栄養素が溶け出してしまいます。

ゆっくり時間をかけてしまう茹で方になってしまう鍋などを使用した場合には、とくに栄養素が逃げやすくなってしまうのです。

こうした場合でも電子レンジを利用すれば、栄養価の極端な低下は防ぐことができます。

電子レンジは、水を使用しなくても茹でる方法に近い調理ができ、さらに短時間の加熱になりますので、多くの栄養素は食材に留めたままにさせることができます。

体のことを考えても、電子レンジの方が有利なのです。

片付けがとても楽

また、電子レンジを利用すれば後片付けがとても楽になります。

調理方法によっては器のまま調理することができますので、鍋やフライパンなどの洗い物は確実に少なくなります。

スピーディーな調理と後片付けが楽なことを考えれば、間違いなく電子レンジの利用の方が有利だと実感できます。

電子レンジの調理に向いている食材

水分の多い食材

電子レンジを利用して食材を温める原理として、水分は重要な役割になります。

水分があることで電子のちからを利用して温めることができます。

そのため水分が少量しか含まれていない食材は、イメージ通りに温めることは困難になります。

中でも玉ねぎやナスなどの水分の多い野菜は、電子レンジに最適です。

また、電子レンジを利用する機会の多い冷凍食品についても、電子レンジは最適だと言えます。

水分が少ない食材でも、少量の水分を食材に含ませることで電子レンジで上手に調理ができるようになります。

工夫次第で、さまざまな食材を調理できることも電子レンジの大きなメリットです。

電子レンジのデメリットも理解しておく

温め加減が分かり辛い

万能に感じる電子レンジですが、デメリットもることを知っておきましょう。

電子レンジはとても便利な電化製品ですが、温め加減が分からないこともあります。

設定通りに熱を加えても、思ったより温まらなかったと言うこともあれば、器に触れることができないほどの高温になってしまったと言うこともあります。

こうしたデメリットがある電子レンジですが、最近ではセンサー機能のレベルがとても向上してきましたので、自動でどのくらいまでの加熱時間を加えるかと言う設定がとても楽になってきました。

できるだけ楽に扱うことができるように、電子レンジは最新式のタイプを購入するようにしましょう。

電子レンジの選び方

センサー類は注目する

電子レンジは、センサー系の機能が最近ではとても充実しています。

こうしたセンサー系の機能を上手に活用することで、今まで以上に便利にスピーディーな調理を行うことができるようになります。

中でも温度センサーはとても重要な役割を担っており、瞬時に庫内の温度を感知してくれます。

例えば冷凍食材などを解凍する場合や、どこくらいの温度にするべきか迷ってしまう場合などには、この温度調整機能はとても役に立つ存在になってくれます。

また、重量センサーなども重要な役割をになってくれます。

食材の重量を感知して、どのくらいの時間加熱するべきか判断してくれます。

この重量センサーと先ほどの温度センサーが加わることで、より便利に電子レンジを活用することができるようになります。

さらに赤外線センサーなどが機能として含まれているタイプもあります。

赤外線センサーは食材のさらに細かい部分までの温度を感知してくれます。

しっかり奥まで温めることに優れており、煮込み料理などを行う場合には、とても重宝する機能だと言えます。

オート調理機能は必須

電子レンジにはオート調理機能を備えているモデルも多くあります。

さまざまな角度から食材などの調理方法を感知してくれ、適切な温度調整をしてくれるだけではなく、どのくらいの時間温めるべきかを判断してくれます。

こうした機能を活用することで、さらに便利に時間を短縮させた調理を行うことができるようになります。

忙しい日々を過ごしている人にとっては、こうしたオート調理機能はまさに必須だと言える機能です。

おすすめの電子レンジ3選

フラットテーブル18MO-F1801L

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

アイリスオーヤマのフラットテーブル18MO-F1801Lは、リーズナブルな価格で購入することができる電子レンジです。

おすすめできる理由は、とても安い価格でありながらフラットテーブルを採用していることで、隅々までしっかり庫内を使用することができるだけではなく、日々の掃除もとても楽に行うことができることです。

さらにセンサー類も優れていますので、この一台で十分だと感じることができます。

オーブン機能も含まれていますので、一人暮らしでも大勢の家庭でも使用できる万能なタイプです。

エレックNE-E22A1

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W

エレックNE-E22A1は、とてもシンプルな機能が自慢の電子レンジです。

必要最低限の機能を充実させていますので、一人暮らし用としてはぴったりだと言えます。

そして何より驚くほど安価に購入できるモデルになりますので、これから初めて電子レンジを購入すると言う人には最高の一台になってくれます。

シンプルな機能なため、直感的に操作ができることも嬉しいポイントです。

多くの人に活用して欲しい電子レンジです。

HMR-FR181

日立 電子レンジ HMR-FR181

日立のHMR-FR181は、安新して使用できるしっかりとした機能性を持っていることが自慢の電子レンジです。

まさにリーズナブルだと言え、庫内容量17Lでさらにレンジ出力は800Wありますので、必要最低限の機能性が充実しています。

一人暮らし用としても最適ですが、少ない人数の家庭でも使用できる能力を持っていることも魅力的です。

まとめ

電子レンジを活用すれば、今まで諦めていた調理を可能にさせることができます。

しかし、電子レンジにはとても多くのタイプがあり、どのような物を選ぶべきか間違いなく迷ってしまうことになります。

まずは、最新の機能を備えている電子レンジに注目しましょう。

長く愛用できるように、最新の機能を備えていることは重要なポイントです。